脊椎捻挫

むち打ち症の70~80%は頚椎や腰椎などの脊椎捻挫で占めると言われています。

身体全体に強い衝撃を急に与えられることによって、首や腰などの筋肉・靭帯が損傷が生じている状態です。

頸椎捻挫

自動車の追突事故・スポーツなどで予測不可能な衝撃が身体に与えられることによって起きる症状です。
頸椎とは首の骨のことを言います。

この頸椎部分にダメージが与えられると、頚椎を支えている筋肉や腱などが損傷することによって痛みを伴ったり、可動行制限、時に手のしびれや脱力を生じます。

また、頭痛や吐き気を生じる場合もあり注意が必要です。

頸椎は身体で大変重要な部分です。この頸椎の損傷がひどい場合、血管や神経までも重篤なダメージを被ることもあり、麻痺症状を呈してしまうケースもあります。

症状によっては回復には長期間を要することがあります。

バレ・リュー症状型

首・肩・腕などが痛む症状と違い、頭痛を伴う症状です。

衝撃がかなり強い場合、頭部後部の交感神経がダメージを受けることがあります。
(交感神経=脊髄を通っている神経、昼の行動をつかさどります)

そして、椎骨動脈の血液低下を発症し、頭痛・めまい・吐き気などを引き起こす症状です。
(椎骨動脈=首の左右にある動脈で脳に栄養を与える役割を持っています)

根症状型

頸椎の神経が刺激を受けたり、圧迫されることによって、痛みやしびれを伴う症状です。

神経への圧迫が強い場合は上腕から前腕、手・指先にまで痛みやしびれ、時に麻痺などの支障をきたすことがあり、注意が必要です。

脊髄症状型

頸椎の脊柱管を通る脊髄が損傷することによって、上下肢のしびれなどの知覚異常や麻痺症状。

そして、非常に稀な場合でもありますが、膀胱直腸障害を引き起こす可能性もあります。

膀胱直腸障害とは膀胱・直腸の機能が低下し、排尿・排便などに支障が起こる障害です。

このように、むち打ち症はおおまかに5種類に分類することができます。

もし、むち打ち症になってしまった場合、早急に医療機関で検査してもらい、それぞれの型、症状に適した治療を受ける必要があります。

適正な治療が早期回復には必要不可欠です。




交通アクセスはこちら