当院のリハビリ治療には牽引や電気、ウォータベットなどの「物理療法」と理学療法士による「理学療法」の二つの柱があります。

物理療法の特徴

牽引療法・頚椎や腰椎の治療に行われます。
電気療法(低周波電気刺激) – 鎮痛効果・他動的運動効果。
ウォータベット 水流マッサージ効果リラクゼーション効果。

物理療法

理学療法の特徴

腰痛や肩痛、膝や股関節などの痛み、五十肩やスポーツ障害など、多くの疾患に対して、ストレッチ、可動域訓練、筋力強化訓練等の運動療法と立ち上がりや歩行等の動作訓練などを行います。
加療には厚生労働省が認める、理学療法士が行います。

主なリハビリテーションの対象疾患

  1. 外傷疾患:スポーツ外傷、交通事故、転倒、その他の外傷疾患
  2. 脊椎疾患:首や腰などの椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、脊椎圧迫骨折、など
  3. 関節疾患:膝の人工関節、靭帯形成術、関節鏡など保存的または手術的治療が必要となる疾患
  4. その他:骨軟部腫瘍、肩関節周囲炎(五十肩)、高齢者などでおこる合併症、加齢に伴う体の変形

  5. 対象疾患の治療にあたり、実施計画書を作成し、ご本人に治療方針を説明し、同意を得て治療してまいります。

受診方法について

運動器リハビリテーションによる治療は、予約制で行っております。
まずは医師、看護師にお尋ね下さい。




交通アクセスはこちら